FEヒーローズ

【FEH】新キャラ、アレスを使ってみた。攻撃下げでも戦える継承スキルを考察

更新日:

ファイアーエムブレムヒーローズで新しく追加されたキャラの中からアレスを引くことができたので使ってみた感想を書いていきます。今回当たった個体はHP↑、攻撃↓という残念な個体でした。原作をプレイしていないのですが、アレスはエルトシャンの子供だそうです。エルトシャンも以前に引いて持っているのですが、なんとこちらも攻撃↓個体でした。親子そろって残念な個体を引いてしまいました・・・。

エルトシャンはあまり使っておらず、兵舎で眠っているのでアレスにもあまり期待はしていなかったのですが、育ててみるとなかなか強かったです。

スキル構成はこんな感じです。

魔剣ミストルティン
体当たり
緋炎
A 攻撃守備の大覚醒
B 待ち伏せ3
C 速さの大紋章2
S 近距離防御3




何といってもアレスの武器が強かったです。魔剣ミストルティンの効果は、
1、「奥義の発動カウントー1」に加えて
2、「戦闘または戦闘前に奥義を発動した場合、戦闘後、奥義発動おカウントー2」の2つあります。

月光や緋炎などのカウントが3の奥義のだと、1つ目の効果で奥義の発動カウントが2になります。その後、戦闘で1度でも奥義が発動すると2つ目の効果によって再び奥義が発動できるようになります。闘技場や修練の塔など1度しか戦闘がないマップだとこの効果を実感しにくいのですが、特別訓練のマップでは大勢の敵を相手にするので戦闘のたびに奥義が発動するので、使っていてとても爽快感がありました。ほかにも制圧戦や戦禍の連戦などで使うと面白いと思います。

奥義は最初から持っている竜裂から緋炎に変えました。私が引いた個体は攻撃↓、HP↑なので攻撃が48守備が33でした。、緋炎のほうが与えるダメージが大きかったので緋炎に変えました。攻撃守備の大覚醒が乗った状態で竜烈のままだと+16(小数点はどう計算されるのかわかりませんが)、緋炎だと+20されます。

また、Bスキルも守備魔防封じから待ち伏せに変えました。体当たり付いているのは、引き戻し要員が少なくなってきたので手持無沙汰でつけました。でも、使っていて楽しかったので引き戻しに付け替えようか検討中です。体当たりはどう使えばいいのかわからないので・・・。

今回のガチャはアレスよりもリーンのほうが人気があるようですがアレスも負けてないと思いました。

下の動画は特別訓練で奥義を連発しているアレスの様子です。

 

 

関連記事

エスリンはスキルをいじらなくても使いやすい FEH




-FEヒーローズ

Copyright© ホビログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.