FEヒーローズ

ラインハルトのスキルは攻め違えでさらに凶悪に! FEH

更新日:

差し違えってどうやって使うの?と思っていたので使っていなかったのですが、攻め立てと合わせて使うととても強いうえに楽しいです。

攻め違えって何なのか、どういう場面で使えて誰から継承させるのかを記事にしました。

記事の最後に攻め違えを使ったときの動画もあるのでよろしければそとらもどうぞ。

攻め違えを使ってみた動画はこちら




「攻め違え」って?

攻め違えとは、「攻め立て」と「差し違え」の両方が同時に発動させるスキルのコンボのことです。本来はどちらもBスキルなので使うことが出来ないのですが、聖印で差し違えを装備することで2つのBスキルを同時に使うことが出来ます。

攻め立て3の効果は「自分のHPが75%以下で、自分から攻撃した時、追撃可能なら自分の攻撃の直後に追撃を行う。」ので、

体力が減っているときに自分から攻撃すると勇者系の武器と同じ連続攻撃が出来るようになります。攻め立て2だと自分のHPが50%以下の時に発動できるようになります。

次に、差し違え3の効果は「自分のHPが50%以下で、自分から攻撃した時、敵が反撃可能なら絶対追撃。」です。

例えば、HPが半分以下になった魔法使いを使って攻撃したときに、相手が2距離攻撃が出来る敵(弓、暗器、魔法、遠距離反撃ができる相手)だった場合、本来なら1度しか攻撃できないキャラが追撃を出来るようになります。

ラインハルトに向いてる

ラインハルトは普通に攻撃するだけで2回連続攻撃できます。ここに、差し違えの効果で追撃ができるようになると、ラインハルトは2回連続攻撃を2回することが出来ます。さらに攻め立ての効果が追加されると敵の反撃を飛ばして4回連続で攻撃することができます。

攻め違えの強いところは、大英雄戦などのインファナルで敵の体力が60を超えてくるような場面で発揮されます。普通の難易度の相手なら1度の攻撃で倒すか、踊り子の再行動で倒し切ることが多いと思います。

ところがインファナルのようなふざけたスタータスの敵が相手だと、敵を倒すどころか反撃で返り討ちにされることもあると思います。そういったときに「攻め違え」が使えると心強いです。攻め違えを使うことで、2連続攻撃では倒しきれなかった敵も倒すことが出来ます。

他にも、ルークやフィンやティアモなど勇者系の武器を持ったキャラなら同じような4回連続攻撃が出来ますが、ラインハルトは移動が3マスな上に2距離攻撃ができて、攻撃範囲が広いのでとても使いやすいです。

攻め違えを使ってみた動画はこちら




誰から継承させるか

攻め違えを使うにはBスキルに攻め立て2もしくは3と聖印で差し違え3が必要です。

攻め立て3は星4だとシャニーからしか継承できませんが、攻め違えには攻め立て2でも大丈夫です。攻め立ては、3では自分のHPが75%以下のとき、2では50%以下のときに発動します。

一方、差し違え3は自分のHPが50%以下のときに発動します。攻め立てと差し違えの発動するタイミングをそろえるだけなら「攻め立て2+差し違え3」で十分です。

攻め立て2までなら星4のメイか星3のシャニーからも継承ができるので、継承のハードルが少し下がりますね。

攻め違えを使う条件にもよりますが、聖印の差し違えは3までレベルを上げたほうがいいです。差し違えは2だと自分のHPが40%以下にならないと発動しないので攻め立て2と発動のタイミングが合わなくなるので、差し違えは3にしておいた方がわかりやすいと思います。

まとめ

・攻め違えは攻め立てと差し違えを使ったコンボ
・勇者武器で使うと4回連続攻撃できる
・攻め立て2+差し違え3がベスト

私はラインハルトで攻め違えを使いましたが、バレンタインロイでもやってみたいと思いました。ロイには勇者の弓を装備しているので(+ではなくただの勇者の弓ですが)、こっちもかなり凶悪なりそうです。

攻め違えは使ってみると爽快感があって面白しいので試してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

下の動画は攻め違えを使った時の動画です。




-FEヒーローズ

Copyright© ホビログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.