ジャガイモのきた道 感想

更新日:

この前、薬局に行ったときに販売休止していたピザポテトや堅揚げポテトのブラックペッパーが置いてありました。もう復活しているようですね。1年くらい出回らないと思っていたので、これはうれしいです。

「ジャガイモのきた道」という岩波新書の本を読みました。ジャガイモには畑で栽培される栽培種と野生で生えている野生種があります。野生のジャガイモには毒があるので、食べないそうです。ジャガイモが野生で生えているイメージが全くないですね。ジャガイモが栽培され始めたのは紀元前5000年とされています。ただ、どうやって栽培できるようになったのかはよくわかっていないそうです。

ジャガイモの歴史をたどるとインカ帝国が出てきます。インカ帝国の人たちの主食はジャガイモだったんじゃないかと書かれていました。トウモロコシが主食だったと考える研究者が多いそうですが、当時のインカ帝国の農耕の技術と残された文献を見るとジャガイモが主食だったと考えた方が自然なんだとか。

日本では、ジャガイモは江戸時代にジャワ島から伝わってきたとされています。江戸時代の後期にジャガイモについて書かれた文献が残っているそうです。もっと昔からあるものだと思いましたが意外に最近で驚きました。野生のジャガイモに全くイメージがわかないのは元々日本にないものだったからかもしれません。
ジャガイモ一つとっても深掘りしていくといろんなことが出てきますね。

-

Copyright© ホビログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.