FEヒーローズ

FEH 錬成セーバーは戦禍の連戦で強い

投稿日:

セーバーの専用武器「黄金の短剣」を特殊錬成して使ってみたので、使い心地を書いていきます。

他のキャラと比べてかなり特殊な効果を持っているので、使っていて面白かったです。




セーバーのスキル構成

武器 黄金の短剣(特殊錬成)
補助スキル 引き戻し
奥義 祈り
HP 43
攻撃 47
速さ 35
守備 32
魔防 25
A HP速さ2
B 斧殺し2
C なし

Cスキルははこれといってつけたいものが思いつかなかったので空欄です。結構手抜きなスキル構成ですが、奥義に祈りを継承させて「黄金の短剣」の効果をずっと使えるようなスキル構成にしました。

専用武器の性能

黄金の短剣
「奥義が発動しやすい(発動カウント-1)戦闘開始時、奥義発動可能状態の場合、戦闘中、攻撃、速さ、守備、魔防+3、かつ距離に関係なく反撃する」

奥義がたまった状態でないと、遠距離反撃もステータスの上昇も使えません。

祈りでつねに武器効果発動

黄金の短剣の効果は奥義がたまっていればずっと発動します。なので、セーバーが倒されない限り(祈りが発動するまで)、遠距離反撃とステータスの上昇は使えます。

ただ、奥義を祈りにすると黄金の短剣の効果は使えますが、火力不足で敵を倒しきれないことがたびたびあります。奥義といえば月虹や凶星など、攻撃力を上がることが多いですよね。

そこで、火力不足を補うために周りのキャラでサポートする必要があります。私はサポートキャラとして総選挙ルキナを使いました。総選挙ルキナは武器のゲイルスケグルで攻撃と速さを+3、速さの大紋章で速さ+3できます。




戦禍の連戦向き

奥義で祈りを使う場合、奥義カウントが多いのが難点です。大英雄戦やストーリーマップとかだと一つの編成で一つのマップしか遊べません。セーバーの祈りがたまったころにはもうクリアなんて事のほうが多いと思います。

なので、錬成セーバーを使うときは、戦禍の連戦で使うのがオススメです。戦禍の連戦の場合、5~7連戦を同じ編成で周回します。

1戦目か2戦目の序盤でセーバーの奥義をためることができて、奥義カウントは次のマップでも引き継がれるので、黄金の短剣の効果を存分に使うことができます。この前の戦禍の連戦はセーバー、総選挙ルキナ、子供アクア、ヴェロニカで7連戦を周回しました。

戦禍の連戦の能力値ブーストも合わさって、かなり強かったです。もしセーバーがやられそうになっても、祈りが発動するので生存率が高かったです。黄金の短剣の効果はなくなってしまうので、また祈りの奥義カウントをためる必要がありますが。

戦禍の連戦のように能力値は上がりませんが連戦トライアルでセーバーを使うのもいいですね。

まとめ

新しく追加されたセーバーの黄金の短剣は効果が特殊なだけにどんな状況でも使いやすいかというと、そうとは言えません。

ですが、セーバーはほかのキャラと比べても特殊な錬成効果なので、使っていて面白かったです。雫が余っていれば試してみてください。オススメは連戦マップです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

関連記事

【FEH】フロリーナは改造すればゼルギウスも倒せる!おすすめ個体はコレ

FEH 武器錬成キャラ まとめ




-FEヒーローズ

Copyright© ホビログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.